MENU

【コレだけ読んどけばおk!!】ペニスをデカくする2つの方法

長茎手術のデメリットとか、、

 

長茎手術ですけど、大事な所は『通常時に大きくなるだけであり、勃起時の大きさは変化がない』ということです。そこをしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

ペニスの埋もれているものを引っ張りだすのが長茎手術ですが、最近では切らない長茎手術というものもあるようです。根本に注射を打ち、切ること無く陰茎を引っ張るという理屈です。

 

 

埋もれている陰茎を出すわけですから、切るにしても切らないにしても非常に大変な手術だと思いませんか?

 

 

僕は包茎手術の時でも、非常に激痛を経験しました。手術の時ではなくて、術後の勃起です。この勃起という動作ですが、ペニスのカタチが変わりますよね。つまり、OKなカタチで手術を終わっていたとしても、勃起することでカタチが全く違う大きさになるんですよね。

 

 

この大きさが違うという部分での痛みは、想像を絶する痛みです。

 

 

とにかく痛くてたまらない、、、どうにかしてください、、、という風な痛みです。

 

 

また長茎手術ですが、痛みがすごいという事以外にも、敏感になりすぎるという様な弊害もあるようです。ペニスが敏感になる理屈が分かりませんが、やはり通常では埋もれている陰茎を出すのですから、体に何らかの変化があるのもうなずけると思います。

 

勃起時に大きくなる方法は自宅で出来る

 

長茎手術ですが、金額が高い上にリスクも想定しないといけません。ですので、そういった部分をしっかりと認識している方でなければ危険だと思います。

 

 

僕自身は自宅でペニスを大きくしたのですが、やはり人工的にペニスの、しかも内部の陰茎を引っ張りだすという様な手術は絶対に出来ません。

 

 

包茎手術での痛みを経験していますので、陰茎を引き延ばす手術の術後の痛みをなんとなく想像出来るからです。もちろん麻酔をかけて手術をするので、手術時の痛みはないとおもいます。

 

 

しかし、術後の痛みは相当のはずです。。。

 

 

自宅でもペニスは大きくなります。勃起時共に大きくなるトレーニングですので、通常時のみの大きさだけの長茎手術よりも、遥かに安全ですし経済的です。

 

 

本当に長茎手術は辞めておいた方が良いと思います(*^^*)怖いですよね、、自宅でもペニスは大きく出来ますので、まずは自宅でのチントレを試してみることをオススメします。

 

正太郎のレビュー&体験と全記事一覧の案内

長茎手術でのデメリット、ペニスが敏感になり過ぎるという報告例あり。後悔しないペニス増大関連ページ

長茎手術のデメリットや失敗、手術代、痛み、効果はどれくらい?
長茎手術のデメリットや痛みなどについて調べてみました。
亀頭増大手術のデメリット、亀頭の変色が激しく起こる
亀頭増大手術というものがありますが、亀頭に特化した手術です。デメリットなどを調べています。
ペニスの増大手術に頼る危険性と、そのデメリット、本当にデカくなる?
ペニス増大手術はたくさんありますが、それに頼ると危険性もあります。
長茎手術、亀頭増大手術に100万円出す前に自宅で出来るペニス増大をまず試せ!
高いお金を出して長茎手術や亀頭増大手術をするのであれば、まずは自分で出来る自宅でのトレーニングをしてみませんか?
ペニスにメスを入れる、異物を入れる増大法に100万出すリスク、金銭的リスク、見た目のリスク
ペニスにメスを入れるリスクについて、真剣に考えてみませんか?
切らない、手術しないペニス増大は可能?包茎以外はメスは極力入れない方がいい理由
包茎手術以外ペニスは切らない方がいいです。その理由について。
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術、技術力の高さと長茎術の効果は別問題
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術ですが料金とか金額とか気になりますよね。本当に痛みとかないのか、、、
包茎手術以外の増大手術を薦めない理由、傷がつく、痛み、失敗というリスクを真剣に考える
ぼくが包茎手術以外の増大手術をすすめない理由
ペニス増大系の手術は危険?もっとメスを入れる危機管理を持つべき
身体にメスをいれるデメリット、リスク。そういった部分をしっかりと認識して増大手術というものを考えてください。