MENU

【コレだけ読んどけばおk!!】ペニスをデカくする2つの方法

メスをいれるのはチントレを試してからでも遅くない

 

ペニスを大きくする為に手術をする人も結構いるようですね。僕は39歳の時に増大チントレを始めたのですが、29歳の時にカントン包茎の手術のついでに亀頭にシリコンを注入しました。

 

 

 

包茎手術の痛み|麻酔注射の痛みや術後の痛みについて)に詳しく書いていますが、とにかくめちゃくちゃイタい(笑)手術後の痛みはたまらないものでした。本当に気絶するくらい、、、でも、根本を押さえて何とか耐えることが出来たのです。でも、その方法って誰からも教えてもらってなかったのですが、やっぱり本能って凄いですね(笑)

 

 

正太郎の持論:ペニスにメスを挿れない方がいい

 

 

僕はカントン包茎という、ある意味真性包茎よりもタチの悪い包茎でした。その包茎をずっと持っていたので、青春時代は不遇の時でした。ですので、包茎手術は必須でした。先生の助言で『ずっと皮をかぶっていたので、亀頭が弱いので注射を勧めます。』と言われたため亀頭にシリコンを注入しましたが、単独ではしなかったと思います。

 

 

 

ペニスにメスを挿れない方がいい理由として

 

  • 絶対はない(必ず成功するワケではない)
  • 包茎手術であれだけ痛かったので、長径だと、、、想像するのが怖い
  • リスクが危険、精神的ダメージが大きすぎ(勃起不全、激痛など)
  • メスを挿れなくても、自宅でペニスは大きく出来る(39歳から1年で約6センチ)

 

 

があります。むしろ勃起が止むまで、いや、死ぬまでペニスは男にとって大事なもの。自宅でペニスを大きく出来るにも関わらずメスをいれて失敗するリスクを取るのはどうかと思います。僕のように仕方がない場合もありますが、、、

 

 

 

それでもやはり出来ることならペニスにメスは不要です。

 

自宅でカンタンにリスク無くペニスを大きく出来る

 

木村式ペニス増大トレーニング法は自宅で出来るチントレです。実際僕もこれで40歳になるかどうかの時にはじめて大きくなることが出来ました。

 

 

 

自宅でペニスを大きくする方法があるし、メスをいれるのは、金銭的にも、術後にもリスクがあります。そういった選択をするのは、まず自宅で出来ることを試してからで遅くないと思います。

 

 

 

チントレで2センチ変わると、ほぼ別物のペニスになります。

 

 

 

まず自宅で出来ることから試してみてはいかがでしょうか?

 

 



>>【正太郎ガチレビュー】木村式ペニス増大トレーニング法のレビュー<<


■39歳からスタート、1年で約6センチのペニス増大に成功(^^)


 

 

正太郎のレビュー&体験と全記事一覧の案内

切らない、手術しないペニス増大は可能?包茎以外はメスは極力入れない方がいい理由関連ページ

長茎手術のデメリットや失敗、手術代、痛み、効果はどれくらい?
長茎手術のデメリットや痛みなどについて調べてみました。
亀頭増大手術のデメリット、亀頭の変色が激しく起こる
亀頭増大手術というものがありますが、亀頭に特化した手術です。デメリットなどを調べています。
ペニスの増大手術に頼る危険性と、そのデメリット、本当にデカくなる?
ペニス増大手術はたくさんありますが、それに頼ると危険性もあります。
長茎手術、亀頭増大手術に100万円出す前に自宅で出来るペニス増大をまず試せ!
高いお金を出して長茎手術や亀頭増大手術をするのであれば、まずは自分で出来る自宅でのトレーニングをしてみませんか?
ペニスにメスを入れる、異物を入れる増大法に100万出すリスク、金銭的リスク、見た目のリスク
ペニスにメスを入れるリスクについて、真剣に考えてみませんか?
長茎手術でのデメリット、ペニスが敏感になり過ぎるという報告例あり。後悔しないペニス増大
長茎手術は本当にいいことだけ?デメリットを語られることがないですよね、、
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術、技術力の高さと長茎術の効果は別問題
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術ですが料金とか金額とか気になりますよね。本当に痛みとかないのか、、、
包茎手術以外の増大手術を薦めない理由、傷がつく、痛み、失敗というリスクを真剣に考える
ぼくが包茎手術以外の増大手術をすすめない理由
ペニス増大系の手術は危険?もっとメスを入れる危機管理を持つべき
身体にメスをいれるデメリット、リスク。そういった部分をしっかりと認識して増大手術というものを考えてください。