MENU

【コレだけ読んどけばおk!!】ペニスをデカくする2つの方法

単独で亀頭増大手術はオススメしない

亀頭増大手術ですが、非常に簡単に行うことが出来る手術で最近注目されています。手術代も10万円以下となっています。

 

 

僕は包茎手術の際に、亀頭増大手術を受けました。亀頭増大手術といっても色々と種類があり、亀頭周りを大きくするだけの方法もあります。また、竿部分にもする場合もあります。

 

 

亀頭増大手術ですが、ヒアルロン酸を打ち込む手法です。ヒアルロン酸を打ち、亀頭を強制的に大きくする。

 

 

僕が受けたのは、亀頭増大手術の中でも『鈴部分』へのヒアルロン酸注射です。

 

 

俗に言うカリ首の部分で、現在でもヒアルロン酸は溶けていない状態です。通常は数年で体に吸収されると言われていますが、体質などにもよるのでしょうね。

 

失敗例について

 

亀頭増大手術ですが、長茎手術などに比べると、ヒアルロン酸を打ち込むだけですので、失敗例などは少ないです。

 

 

ただし、痛みですが注射によってヒアルロン酸を打ち込んでいますので、かなりの痛みは伴うと思います。よく痛みがないという意見がありますが、包茎手術をしたものでなければわからない部分です。

 

 

手術した次の日の痛みはだれでも経験することだと思います。

 

 

カリの部分が包茎であれば発達していないと思いますので、そのような方であれば亀頭増大手術もされてもいいと思います。

 

自宅でもカリは大きくなる

 

僕の場合、包茎手術→亀頭増大という流れでしたが、単品で亀頭増大手術はお勧めしません。

 

 

理由は、亀頭は自宅でも大きくすることが出来るからです。

 

 

今、包茎手術をしようと思っている方は、一緒に予算があればしてもいいと思います。というよりも、包茎手術をする際には、ドクターが勧めてきます。

 

 

亀頭自体が先細りになっている可能性が高いからです。

 

 

そういった方であれば亀頭増大手術はオススメです。しかし、ペニス増大トレーニングをすることで、亀頭も大きくなります。

 

 

また、亀頭に特化したトレーニングも出来ますので、まずは手術よりもトレーニングで亀頭を大きくする事を考えてもいいかもしれません。

 

 

亀頭が大きくなるだけでもセックスは変わります。

 

 



正太郎のレビュー&体験と全記事一覧の案内

亀頭増大手術のデメリット、亀頭の変色が激しく起こる関連ページ

長茎手術のデメリットや失敗、手術代、痛み、効果はどれくらい?
長茎手術のデメリットや痛みなどについて調べてみました。
ペニスの増大手術に頼る危険性と、そのデメリット、本当にデカくなる?
ペニス増大手術はたくさんありますが、それに頼ると危険性もあります。
長茎手術、亀頭増大手術に100万円出す前に自宅で出来るペニス増大をまず試せ!
高いお金を出して長茎手術や亀頭増大手術をするのであれば、まずは自分で出来る自宅でのトレーニングをしてみませんか?
ペニスにメスを入れる、異物を入れる増大法に100万出すリスク、金銭的リスク、見た目のリスク
ペニスにメスを入れるリスクについて、真剣に考えてみませんか?
長茎手術でのデメリット、ペニスが敏感になり過ぎるという報告例あり。後悔しないペニス増大
長茎手術は本当にいいことだけ?デメリットを語られることがないですよね、、
切らない、手術しないペニス増大は可能?包茎以外はメスは極力入れない方がいい理由
包茎手術以外ペニスは切らない方がいいです。その理由について。
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術、技術力の高さと長茎術の効果は別問題
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術ですが料金とか金額とか気になりますよね。本当に痛みとかないのか、、、
包茎手術以外の増大手術を薦めない理由、傷がつく、痛み、失敗というリスクを真剣に考える
ぼくが包茎手術以外の増大手術をすすめない理由
ペニス増大系の手術は危険?もっとメスを入れる危機管理を持つべき
身体にメスをいれるデメリット、リスク。そういった部分をしっかりと認識して増大手術というものを考えてください。