MENU

【コレだけ読んどけばおk!!】ペニスをデカくする2つの方法

ペニスを手術する前に自宅で出来るペニス増大

 

長茎手術や亀頭増大手術ですが、長茎手術の方が難易度と金額が高くなります。亀頭増大手術の方は、ヒアルロン酸を打つという手法ですので敷居が低いです。

 

 

長茎手術の場合は埋没しているペニスを引っ張りだすという手法ですので、それなりに難易度は上がりますし、失敗例も多数ありますので注意が必要です。

 

長茎手術のデメリットについて
亀頭増大手術のデメリット、亀頭の変色が激しく起こる

 

体にメスを入れる手術ですので、リスクがゼロというのはまずありません。いくら有名ドコロの先生やクリニックでも、100%の安全はないのです。ですので、そういった認識を持って手術を選択するという気持ちが大事です。

 

 

ペニスの悩みは当人しか分かりませんので、リスクを受け止めた上で手術をするというのは分かりますが、まずは自宅でもペニス増大が出来ますので、僕はソチラから試してみることをオススメします。

 

長茎手術、亀頭増大手術共にリスクがあるという事は認識しておくことは重要なことです。

 

  • 費用自体が高額であること。
  • ペニスを傷つけるためにリスクは必ずあるということ。
  • 痛みという部分はメスを入れるのだから無痛ではないこと。
  • 見た目の失敗、勃起障害などの最悪のケースも考えられること。
  • 自宅でもペニス増大は出来るという事実を知ること。

 

こういった注意点を意識しておいて欲しいと思います。

 

自宅でもペニスは大きくなる

 

僕は自宅でペニス増大トレーニングをして、見事に大きくなりました。ペニスが大きくなる理屈が分かれば、自宅でするペニス増大トレーニング自体『理にかなっている方法』ということが理解できます。

 

ペニスは絶対大きくなると断言できるペニスの仕組みと理論とは?

 

自宅でペニス増大を取り入れることで

 

  • 手術よりもかなり安く取り組むことが出来る
  • 手術のようなリスクは全くない

 

という様なメリットがあります。また、僕は包茎手術をしたのですが、やはり痛みを考えた時に、自分で再度手術をしてペニスを大きくするという選択肢はありませんでした。

 

 

幸い包茎手術でも見た目の失敗というのはありませんでしたが、包茎手術においても危険があったり、失敗例も多くありますので、やはりペニスにメスを入れる事、注射を打つことというのは、それなりにリスクがあるという事を覚えておく必要があると思います。

 

 

自分でペニスを大きくする方法は間違いなくあります。

 

 

もしペニスの大きさで悩んで、手術を受けろうと思っている方がいるのであれば、自宅でチントレが出来ますので、そこから試してみてはどうでしょうか?

 



 

正太郎のレビュー&体験と全記事一覧の案内

長茎手術、亀頭増大手術に100万円出す前に自宅で出来るペニス増大をまず試せ!関連ページ

長茎手術のデメリットや失敗、手術代、痛み、効果はどれくらい?
長茎手術のデメリットや痛みなどについて調べてみました。
亀頭増大手術のデメリット、亀頭の変色が激しく起こる
亀頭増大手術というものがありますが、亀頭に特化した手術です。デメリットなどを調べています。
ペニスの増大手術に頼る危険性と、そのデメリット、本当にデカくなる?
ペニス増大手術はたくさんありますが、それに頼ると危険性もあります。
ペニスにメスを入れる、異物を入れる増大法に100万出すリスク、金銭的リスク、見た目のリスク
ペニスにメスを入れるリスクについて、真剣に考えてみませんか?
長茎手術でのデメリット、ペニスが敏感になり過ぎるという報告例あり。後悔しないペニス増大
長茎手術は本当にいいことだけ?デメリットを語られることがないですよね、、
切らない、手術しないペニス増大は可能?包茎以外はメスは極力入れない方がいい理由
包茎手術以外ペニスは切らない方がいいです。その理由について。
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術、技術力の高さと長茎術の効果は別問題
ヒルズタワークリニックの切らない長茎手術ですが料金とか金額とか気になりますよね。本当に痛みとかないのか、、、
包茎手術以外の増大手術を薦めない理由、傷がつく、痛み、失敗というリスクを真剣に考える
ぼくが包茎手術以外の増大手術をすすめない理由
ペニス増大系の手術は危険?もっとメスを入れる危機管理を持つべき
身体にメスをいれるデメリット、リスク。そういった部分をしっかりと認識して増大手術というものを考えてください。